バストトップも形・大きさ・色など美容整形で改善 豊胸術・バストアップ(バストをより豊かに)

施術は大きく4種類。確実にバストアップしたい方に最適です。

女性の憧れ、美しいバスト。豊胸術はその願いを叶えます。
施術法には、

  • ヒアルロン酸を注入して一時的にバストアップする方法(ヒアルロン酸注入)
  • バッグプロテーゼを挿入して半永久的にバストアップする方法
  • ご自分の脂肪を濃縮して注入するピュアグラフト豊胸術
  • ご自分の濃縮脂肪と幹細胞を注入するセリューション豊胸(脂肪組織由来幹細胞注入)

の大きく4つがあります。
ここでは、それぞれの施術法について、ご紹介していきます。

手軽さが魅力です。ヒアルロン酸注入
半永久的に効果が持続。バッグプロテーゼ挿入
自身の脂肪を濃縮して注入。ピュアグラフト豊胸術
自身の脂肪組織を活用。セリューション豊胸

ヒアルロン酸注入は、注入するだけの手軽な施術です。

当院の注入方法(マルチプルインジェクション)

Flashが入っていない場合には動画を再生することができません。ご了承ください。 iPhoneまたはiPadでご覧の方はこちらをクリックして下さい。

施術時間は30〜40分程度と短時間。
ダウンタイムも少ないので、忙しくてお休みを取りにくい方にもおすすめです。

当院では、ヒアルロン酸を少量ずつまんべんなく注入する「マルチプルインジェクション」という技術を用いることで、ヒアルロン酸が塊状になってシコリになることを防ぎ、柔らかく・きれいなお胸に仕上げています。

使用するヒアルロン酸は「マクロレンVRF30(旧称:Sub-Q)」。
バストアップ注入用に開発されており、顔のプチ整形等で使用されるヒアルロン酸よりも大きな粒子です。そのため、体内に吸収されるスピードが遅く、バストアップの持続効果が長いことが特長です(通常半年程度→約1、2年持続)。

バッグプロテーゼ挿入は、大きさが自由に選べ、効果が半永久に続くところが魅力の施術です。

図:信頼の証 ALLERGAN社認定証 MENTOR社認定証バッグプロテーゼ挿入法は、シリコンなどの素材でできた豊胸用のバッグプロテーゼを挿入して胸の形を整える施術です。

使用するバッグプロテーゼは、
大きさ・形状・素材・表面の加工方法別に、800種類以上のバリエーションをご用意。
バッグプロテーゼ挿入法専用のイメージシミュレーションシステムを用いながら、患者様のご希望の仕上がりに合わせた最適なバッグプロテーゼをご提案します。大きさ・形状・触感など、実際にバッグプロテーゼを触って、ご確認いただくことも可能です。

バッグプロテーゼ挿入は、カプセル拘縮(こうしゅく)や異物感、バッグ破損の可能性など、他の施術法に比べて、ややリスクの高い施術です。
それでも「半永久的にバストアップ効果が続く」ということで、ご希望される方の多い施術でもあります。

バストの高さなどを計測シミュレーション最適なバッグをコンピューターが選択

カプセル拘縮とは

図:カプセル拘縮の図解バッグプロテーゼの周りに出来るカプセルの表面積が狭くなり、バッグが変形したり固くなったりする状態のことです。“カプセル”とはバッグを包む被膜のことで、異物(バッグプロテーゼ)に体の防衛機能が反応して自然に作られます。多くの場合、カプセルはバッグを薄く取り囲んで自然に組織に馴染んでいきます。
しかし、カプセルが必要以上に厚く取り囲んでしまう場合があり、その症状を「カプセル拘縮」と呼びます。カプセル拘縮になると、バストの柔らかさが損なわれたり、形が不自然になったりします。
最新のテクスチャードタイプのバッグプロテーゼを挿入する場合は、強いマッサージは基本的には不要ですが、それ以外のバッグプロテーゼをお使いになる場合は、カプセル拘縮を予防するためにマッサージを十分に行う習慣をつけていただくようご案内しています。
当院では、この「カプセル拘縮」をさらに予防するために、拘縮予防薬の処方とインディバCET(高周波温熱トリートメント)を行っています。

■エコー検査について
東京院では、豊胸術後のシコリや拘縮などをより高精度に検査するため、エコー検査の機器を導入しています。(費用別途)
過去に豊胸術を受けられたことのある方で、バッグプロテーゼ挿入後の拘縮や脂肪注入後のしこりが気になる方もご相談ください。

ピュアグラフト豊胸は、ご自分の脂肪を濃縮して注入。生着率を高め、しこりのリスクを軽減。

濃縮脂肪 精製前/精製後ピュアグラフト豊胸術は、
脂肪から不純物を取り除いて「濃縮」してから注入することで通常の脂肪注入法よりも生着率を高めた脂肪注入法です。
不純物の少ない良質の脂肪を注入するため、しこりなどのリスクも軽減されます。

ご自分の脂肪組織から抽出した成分を用いるため、異物反応などの心配がない安全な施術といえます。ヒアルロン酸やバッグプロテーゼによる豊胸術に抵抗がある方にも、安心してお受けいただけます。

セリューション豊胸は、濃縮脂肪に“幹細胞”をプラス。生着率が高く、効果が永続。

幹細胞+濃縮脂肪→混合して注入

Flashが入っていない場合には動画を再生することができません。ご了承ください。 iPhoneまたはiPadでご覧の方はこちらをクリックして下さい。

セリューション豊胸術は、「再生医療」を応用した豊胸術です。ご自身の脂肪から“幹細胞”を抽出し、別に取り出した脂肪と一緒に胸に注入することで、バストアップを実現します。
ピュアグラフト豊胸術と同じく、ご自身の細胞を使用するため、アレルギーの心配が無く・拘縮も起こりにくい・しかも本物の脂肪を使用するため触感が自然なことが主な特長です。

幹細胞を注入することで従来の脂肪注入やピュアグラフト豊胸術に比べて生着率が高く、効果も長く持続します。
安全性と効果の両面から、近年、ご希望される方の多い施術です。

当院では、幹細胞抽出に米国サイトリ・セラピューティクス社製「セリューションシステム」を用いることで、安全、且つ、高い効果をもたらす幹細胞豊胸を行っています。

良質な幹細胞抽出が可能なことから、外部の医療機関(国立がんセンター、国立徳島大学など)へ、研究用の幹細胞提供も行っています。

当院の共同研究
※聖心美容外科オフィシャルサイトへリンクします

■全院にシミュレーションシステムを導入

当院では、顔の美容整形や豊胸術のイメージシミュレーションシステムを全院に導入しています。
カウンセリングの際、患者様の希望する部位を撮影し、その画像を2Dコンピュータソフトでシミュレーションしながら、患者様と医師がお互いの目で確認します。これにより、最適なバッグプロテーゼの大きさや形状を選択することができ、より精密な豊胸術が可能です。
ミリ単位でバストを測定し、左右差なく、バランスのとれたバストラインを実現します。

■日本初!3Dシミュレーションシステム導入(東京院)

イメージシュミレーション

当院ではより完成度の高い施術を可能にし、患者様の満足度を高めるため、東京院に3Dシミュレーションシステム「ベクトラ」を日本で初めて導入しました。より精密なシミュレーションが可能となり、術後のイメージも明確になります。

  • バストの向きや谷間など、微妙なラインも3Dでリアルに再現。
    あと注入量はどれ位必要か、バッグならどの大きさがいいか、セリューション豊胸の場合は仕上がりのバストラインと脂肪吸引箇所、全身のトータルバランスもリアルに事前確認が可能です。
  • 3Dで「容積」も比較できるため、セリューション豊胸後の脂肪の生着具合も精密に確認可能です。
※ベクトラでは精密なデータ取得・保存が可能。医学学会に提出する論文への採用も認められています。

ベクトラの詳細はこちら

■アフターケア

手術当日
術後の痛み・不安をサポート
術後の痛みを緩和する痛み止め(内服・坐薬)や、拘縮予防薬を処方します。
また、「24時間緊急サポート」として、その日手術をされた患者様の万一の緊急連絡にお応えできるよう体制を整えていますのでご安心下さい。

処方薬について24時間緊急サポートについて

3日後
診察
脂肪吸引部や注入部位の状態を医師が診察します。
1週間後 当院では脂肪注入による豊胸術後のアフターケアとして、インディバCET(高周波温熱トリートメント)を1回(10分)無料で行っています。

■気になるシコリの検査に 〜エコー検査装置導入(東京院)〜
東京院では、豊胸術後のシコリや拘縮などをより高精度に検査するため、エコー検査の機器を導入しています。(費用別途)
当院のセリューション豊胸術や脂肪注入法では、しこりが生じにくい注入法(マルチプルインジェクション)を行っていますが、万一術後のしこりが気になる場合は、エコー検査で精密に状態を調べた後、責任を持って対応させていただきます。また、過去に豊胸術を受けられたことのある方で、バッグプロテーゼ挿入後の拘縮や脂肪注入後のしこりが気になる方もご相談ください。

■エコー検査について
東京院では、豊胸術後のシコリや拘縮などをより高精度に検査するため、エコー検査の機器を導入しています。(費用別途)
過去に豊胸術を受けられたことのある方で、バッグプロテーゼ挿入後の拘縮や脂肪注入後のしこりが気になる方もご相談ください。

無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9669 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
.